ケア

【メンズケア】ヒゲは剃るのと抜くのどちらが肌に優しいか調べてみた

投稿日:2018年2月21日 更新日:

 


こんにちは、ぬーです。

 

今日は久しぶりにケアのお話。

 

男性の皆さんは普段のヒゲのケアはどうしているでしょうか?

 

ヒゲのケアは濃くない人以外は切っても切り離せないものではありますが、そんなケアは主に『剃る人』『抜く人』で分かれるのではないかと思います。

 

なので今回はそれぞれの長所・短所をまとめて、どちらがより肌に優しいケア方法なのかを明らかにしようと思います。

 

それでは行きましょう。

スポンサーリンク

【あなたはどっち派?ヒゲのケア方法】

剃る場合

ヒゲを剃る場合にはこのような長所・短所があります。

 

長所

  • 時間が掛からない

ヒゲを剃る場合は、1本1本ピンセット等で抜く時に比べて一気にヒゲを処理することができるため(濃さや量によって個人差はありますが…)、時間の短縮になります

 

また電動シェーバーであればジェルやフォーム等を塗らなくともボタン1つですぐ剃れるので、一番の時短になります。

 

忙しい朝にヒゲを抜いていたら会社や学校に遅れてしまうこともあるかもしれませんので、処理速度でいえば抜くよりも剃る方に軍配が上がるといえます

 

  • 深剃りしやすい

これもピンセットにはできないものですね。

 

そもそも『剃る』『抜く』で目的が違うので比べるのはどうかと思いますが、カミソリでヒゲを処理すれば深剃りもできるので上手くケアできれば肌触りもツルツルとしたものになります

 

ですがこれには一定の慣れが必要です。

 

短所

では反対にヒゲを剃る場合の短所を見てみましょう。

 

  • 刃を交換する手間がかかる

まず挙げられるのはコチラです。

 

主にヒゲの処理に使われるT字のカミソリは刃物ですが、使っている内に次第に切れ味が落ちてきたり保管方法を間違えればサビてしまうこともあります

 

そうなった場合はヒゲを上手く処理できないので、新しい刃に交換しなければならず手間とお金が掛かります。

 

電動シェーバーであればよほどのことがない限り交換頻度は高くありませんが(その分本体代が少しお高めです)、T字カミソリであれば割と交換するのでデメリットであるといえます。

 

  • 肌を切る恐れがある

もう一つはこれです。

 

カミソリは先程もいった通り刃物であり、それを肌に直接押し当てるので使いようによっては肌を切って傷付ける恐れがあります

 

ヒゲを処理するために肌にダメージを与えるのはしょうがないことなのかもしれませんが、まだ目が開かない朝に寝ぼけたまま髭剃りを行うと思わぬ事故につながる場合もあるので気を付けましょう(笑)

 

抜く場合

お次はヒゲを抜く場合に生じる長所・短所を見てみましょう。

 

長所

  • 確実に処理できる

抜く場合の一番の長所、それはこれだと僕は思います。

 

ヒゲの少ない人や薄い人であれば、気になるところをピンポイントで処理できるので周辺のヒゲのない部分をカミソリで一緒に剃って傷付ける心配が少ないです。

 

ただ抜く場合にも少なからずダメージを与えることに変わりはないので、抜き過ぎにも注意が必要です。

 

  • 気持ちいい

これもひとつの長所ではないでしょうか?

 

剃る場合にはこのような感覚にはならないのですが、ピンポイントでヒゲを挟んでスーと上手に抜ければ痛い時もありますが何ともいえない爽快感を味わうことができます。

 

実は僕は抜く派なのですがこの爽快感が妙にクセになってしまって気付けば爪で挟んで抜いていることもしばしばあります(笑)

 

短所

抜く場合の短所もお話しておきましょう。

 

埋没毛が発生する恐れがある

まず抜く際の、というよりは抜いた後に起こりうる短所をあげるならば、この埋没毛が発生するということです。

 

あまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、読んで字のごとく埋もれた毛のことをいいます。

 

ヒゲを抜いた際に皮膚が傷付くと、肌は再生しようとかさぶたを作ります。

 

するとそこから新しく生えてくるはずだったヒゲがかさぶたがあることにより出てこられなくなると行き場をなくし、肌の中で渦を巻くようにクルクルと成長してしまいます、それが埋没毛です。

 

イメージは下の画像のような感じですね。

※ぬー作

 

この埋没毛を処理するには皮膚を切ったりしなければならないので、カミソリで処理する以上に余計なダメージを肌に強いる場合があります

 

僕は無理やりこの埋没毛をほじくりだそうとピンセットやつまようじでぐりぐりとしてあごから出血したこともあるので皆さん気を気を付けましょう(泣)

 

  • 毛嚢炎が発症する恐れがある

埋没毛と同じくらい聞きなれない言葉だとは思いますが、ヒゲを抜くことで『毛嚢炎』という炎症が発症するリスクが高まります。

 

これもヒゲを抜いた際に毛穴付近が傷付くとそこに細菌等が付着した場合に感染してしまい、ニキビのような赤いブツブツができてその中に白っぽい膿ができてしまいます。それが毛嚢炎です。

 

せっかく清潔感を出そうとヒゲを抜くのに、毛嚢炎ができてしまえば例えヒゲがなくなっても毛嚢炎のせいでこれまた不潔感が出てしまうので短所であるといえます。

 

  • 色素沈着を起こす恐れがある

最後に一ついえるのがこれです。

 

ヒゲを抜くのも肌に大きなダメージを与えるので、肌の色素沈着を起こす恐れがあります。

 

色素沈着、簡単にいってしまえばシミのようなものなのですが、ヒゲを抜くだけでもこの色素沈着が発生する場合もあるのです。

 

元々この色素沈着の原因でもあるメラニン色素というものには外部刺激から肌を守る役割があるのですが、これによってヒゲを抜くと「肌を守らなくちゃ!」セキュリティシステムが作動して肌が黒ずんだり少し変色したり等の色素沈着が起こるのです

 

この色素沈着も毛嚢炎と同様に見た目的にはあまりいいとはいえないので、短所であるといえます。

 

【まとめ&最後に】

以上のようにそれぞれの長所や短所を見比べてみると、どちらもヒゲのケアをするのにある程度の肌へのダメージは仕方ないものの、剃る場合の方が負担は少ないといえます

 

予想以上にヒゲを抜いた際のリスクが調べて分かったので、抜く派だった僕も今度から剃る方向へシフトチェンジしたいと思います(笑)

 

今回はヒゲの手入れについてお話しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

普段何気なくする手入れにも様々なメリット・デメリットがあったので僕も調べていて楽しかったです。

 

皆さんがヒゲの手入れをする際に、少しでも参考になれば幸いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

-ケア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オシャレするより安価に男を磨くたった1つの方法

こんにちは、ぬーです。   今までは主にオシャレをすることにフォーカスを当てて男を磨く方法を書いてきました。 スポンサーリンク   今日はそこから少し視点をずらし、別の観点から男を …

続きを読む

男が『ニベアパック』をしたら翌日肌がスベスベになった話

  こんにちは、ぬーです。   今日はスキンケアのお話を。   このブログでは過去の記事でいくつかスキンケアについて書いてきましたが、最近また新たなスキンケア方法を取り入 …

続きを読む

魔法の飲み物、白湯のススメ

こんにちは、ぬーです。   今日は僕の好きなケアについてのお話。最近美容関係が熱いです(笑) 突然ですが皆さん、『白湯』は知っているでしょうか?   ここでいう白湯とは、ラーメンで …

続きを読む

スト値を上げるためメンズリゼでヒゲ脱毛してきた(第2回)

こんにちは、ぬーです。   以前ヒゲ脱毛のカウンセリングを受けたという記事を上げたのですが、6月24日の日曜日にようやく初回の施術を受けてきました。   (カウンセリングを受けた時 …

続きを読む

スト値を上げるべくメンズリゼでヒゲ脱毛のカウンセリングを受けてきた

こんにちは、ぬーです。   今回はヒゲに関するお話。   実は以前から僕は、ヒゲ脱毛に興味がありました。   ヒゲが似合わないにも関わらず、1~2日ヒゲを剃らないだけでか …

続きを読む

男を磨くための、ぬー流洗顔方法

こんにちは、ぬーです。   2つ前の記事で洗顔について書きました。今日は僕が普段やっている洗顔方法について、自分の振り返りの意味も込めて書いていきたいと思います。人それぞれ洗顔方法があると思 …

続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。