ライフハック 男磨き

エッセンシャル思考を読んでオナ禁に役立ちそうな所をまとめてみた

投稿日:



こんにちは、ぬーです。

 

久しぶりの更新になりますが、まったり行こうと思います。

 

今回はオナ禁のお話。

 

最近僕は『エッセンシャル思考』という本を読んでいました。

 

購入したのは2月の終わりですが、1日に10~15分ほどで数十ページずつと少しずつしか読んでいなかったので、読み終わるまでだいぶ時間が掛かってしまいました…笑

 

簡単にいうならば自己啓発の類の本なのですが、これを読み進めれば進めるほど(オナ禁に利用できるのでは…?)と考えるようになりました。

 

オナ禁とは一切関係の無い本ではありますが、活かせるポイントはいくつかあったので今日はそれらについてまとめていこうと思います。

 

それでは行きましょう。

スポンサーリンク

【オナ禁を続けるには何はともあれ『オナ禁をする』と自分の意志で選択を】

オナ禁をしている人にお伺いしますが、あなたはオナ禁を『自分の意志』で行っているでしょうか?

 

「何を当たり前のことを…」と呆れる人も中に入るかもしれませんが、心当たりのある方もいるかもしれません。

 

他の人がしているから…」「何となくやらないといけないような気がするから…と漠然とした気持ちや強迫観念でオナ禁に取り組んでも、恐らく長続きはしません。

 

なぜなら、それは自分の意志ではなく他人の選択によって物事を決めているからです。

 

小さな頃を思い出してみてください。

 

テレビを見ていたりマンガを読んでいたりするとお母さんから「早く宿題しなさい!」と叱られたことが誰しも1度くらいはあるのではないでしょうか?

 

「今やろうと思ってたのに!」と反発するものの、途端にやる気は削がれてしまいます。

 

自分本位ではなく他人に強制されたりすれば誰しもそうなってしまいますよね。

 

逆に学校の勉強に限ったことでなくても自分の興味のあることや好きなことについての勉強であれば、時間を忘れるほど熱中するものです。

 

自分で選ぶことを放棄し、他人の意見や選択・また自分自身の過去の選択を黙々とこなすだけになると、人間は無力感にとらわれるとエッセンシャル思考では述べています。(※エッセンシャル思考 57ページ 第2章 選択)

 

なのでまずオナ禁が続かない人は本当に自分は自分の意志でオナ禁をすると選択しているのだろうか?強迫観念や周りに流され何となくしているだけではないだろうか?と自問自答してみましょう。

 

自分の意志でオナ禁をすると選択する

 

ですがこれが結構難しいかもしれません、なぜならオナニーは気持ちいからです(笑)

 

なのでこう考えてみると自分でオナ禁をするという選択ができるかもしれません。

 

「短い人生の中で貴重な時間をオナニーに費やし刹那的な快楽に浸っては(またやってしまった…)と後悔を繰り返すのか。それともオナ禁をして自分を律し、理想とする人生や目標を達成する為に性欲という強大な敵に正面から立ち向かうのかと。

 

どちらを選ぶかは本人の自由なので強制はしませんが、オナ禁に取り組んでいる人であれば多くの方が後者を選択するのではないでしょうか?

 

これががオナ禁継続における第1のポイントです。


【トレードオフから目を背けない】

トレードオフは簡単にいってしまえば等価交換です。

 

漫画、『鋼の錬金術師』を読んだことがある人であれば知っているかもしれません。

 

要するに何かを得るには何かを犠牲にしたり代価が必要であるということです、有名なセリフですよね。

 

例えばお金が欲しいので何かバイトを始めるという選択をしたとします。

 

その結果給料という形でお金は手に入りますが、働いている間は拘束され自分の自由な時間は少なくなってしまいます。

 

お金を得るために自分の自由時間を代価にしたという訳です。

 

オナ禁にこの考えを当てはめてみると…

 

オナニーして気持ちよくなりたいけどオナ禁1ヶ月くらいで現れるスーパーサイヤ人効果も体験して女の子からモテモテになりたい!

 

このような感じになりますが残念ながらこれはどうあがいても無理なのです、それは互いが対局の位置にあるものだからです。

 

何かに「イエス」ということは、その他すべてに「ノー」ということ。何かを選ぶことは、何かを捨てることであるとエッセンシャル思考の中では述べていますが、まさしくその通りです。(※エッセンシャル思考 76ページ 第4章 トレードオフ)

 

トレードオフは痛みを伴います。何故なら両方選ぶことは難しく、かといって片方を選べばもう片方を捨てなければならないからです。ですがそれと同時に絶好のチャンスであるともいえます。

 

それは選択肢を比較検討する過程で、自分の本当の望みを明確に知ることができるからです。(※エッセンシャル思考 同ページ)

 

オナ禁をしている人が望んでいるのは一瞬の快楽か、それとも禁欲の結果得られる恩恵か。答えは明らかでしょう。

 

トレードオフから目を背けても思うような結果にはならないでしょう。

 

あ~、オナニー気持ちよかった~。よし、オナ禁頑張ろう!と思ってもまたすぐムラムラしてしまい、数日経たない内にまたリセット。

 

これの繰り返しではオナ禁の恩恵も多くは受けられません。

 

オナ禁効果を最大限得るためにはオナニーの快楽を捨てなくてはいけません、分かっているけどこれが中々難しくて皆悩んでいるんですよね(笑)

 

しかし何かを得るには何かを犠牲にすること、この考えを常に頭の中に入れておくことがオナ禁継続における第2のポイントです。


【何かを止めようとした時に働く様々な心理的バイアス(思考の偏り)を知る】

僕達が何かを止めようとした時(今回であればオナニー)、人間には様々な心理的バイアスがかかるとエッセンシャル思考には書かれていました。

 

そしてその心理的バイアスには大きく分けて主に以下の3つになります。

 

  • サンクコストバイアス

 

  • 授かり効果

 

  • 現状維持バイアス

 

順を追って見ていきます。

 

サンクコストバイアス

サンクコストとは埋没費用という意味です、少し分かりにくいので嚙み砕いて説明します。

 

サンクコストとは既にお金や時間を支払ってしまったという理由だけでそんな取引に手を出し続ける心理的傾向のことをいいます。(※エッセンシャル思考 181ページ 第12章 キャンセル)

 

パチンコやソシャゲにおける課金等がいい例ではないでしょうか?

 

あともう少しで当たりが来るかもしれない…!」「あともう少しで激レアキャラが当たるかもしれない…!と考え、パチンコを打ち続けたりガチャを回し続けて中々やめられない時はこの心理が働いていると思います。

 

授かり効果

授かり効果とは一旦所有してしまうと失うのが怖いという心理的バイアスのことをいいます。(※エッセンシャル思考 183ページ 第12章 キャンセル)

 

実際にそこまで価値のあるものでなくても、いざ手放すとなると途端に価値が高く感じられるもの。

 

例えば一度しか袖を通してないがまたいつか着るかもしれない服何年も読んでいない本等が挙げられます。

 

これをオナ禁に当てはめるならば、間違いなく『オナニー時の快楽』です。

 

一度オナニーの快楽を覚えてしまうと、普段ならそこまで気にしなくてもいざオナ禁を始めてその快楽が得られなくなると知った途端に、その快楽がどれだけ価値のあるものであったかと考えてしまいます。

 

現状維持バイアス

そして最後の心理的バイアスとして、この現状維持バイアスがかかります。

 

これは読んで字のごとく現状をそのまま継続しようとする傾向のことです。(※エッセンシャル思考 189ページ 第12章 キャンセル)

 

人は大きな変化や未知のものを嫌ったり避けて、現状を維持したくなるものです。

 

例えば

  • 仕事に不満があるものの、転職が上手くいくか不安で結局その仕事を続ける。
  • 恋人に愛想を尽かし好きだという感情が希薄なものの、惰性で付き合っている。 

 

等です、どちらもいつもと違う行動(上記であれば転職したり恋人と別れる)という選択をしたとして、その結果得られる利益と不利益を天秤にかけたとします。

 

そうした時に損をしたくない!という思いから、不利益を被るくらいなら利益はいらないから今のままでいいと考え、現状維持を選択する傾向にある人が多いそうです。

 

これをオナ禁になぞらえて考えてみると、オナ禁効果はプラシーボでオカルトまがいだから本当に効果があるか分からない、それならこのままオナニーして気持ちいい思いをした方がいいや~といったような具合になります。

 

極端ではありますが(笑)

 

以上のことから、今回取り上げているオナニーを止めてオナ禁を取り組もうとした際に作用する心理的バイアスは、上記に挙げた3つの内『授かり効果』と『現状維持バイアス』の比率が大きいといえます。

 

ですが逆にいえばオナ禁が続けばオナ禁をしているのが当たり前(=現状)ということにもなるので、一度オナ禁の波に乗ると

 

オナ禁効果の恩恵>オナニーの快感

 

という図式になり利益と不利益の関係が逆転するので、長期になればなるほどオナ禁の難易度は下がるともいえます。

 

「あ、自分は今心理的バイアスにかかっているな」と冷静かつ俯瞰的に捉えることができれば、リセットの確率は下がることでしょう。これもまた難しいことではありますが(笑)

 

これがオナ禁継続のおける第3のポイントです。


【最悪の事態を想定し、リスクマネジメント戦略を立てる】

少し難しそうな横文字が出てきましたが、そんな難しいものではありません。

 

『リスクマネジメント戦略』とは、簡単にいうとある計画を実行する際に起こりうるリスクに対して、どのような戦略をとるかについてまとめたものです。

 

非エッセンシャル思考の人は楽観的に予定を立てます、これくらいあれば大丈夫だろ~と。

 

しかし計画は中々思うようには進んでくれません、世の中何が起こるか分からないから例え前回10分で終わった物事でも今回も滞りなく10分で終わるとは誰にも言い切れないです。

 

なので不測の事態が起こった際に非エッセンシャル思考の人は対応策(=リスクマネジメント戦略)を講じていないので、どのように対処すればいいか分からずに計画が上手く進まなくなります。

 

一方のエッセンシャル思考の人は思わぬことは起こるということを知っているので、あらかじめ何かが起こることを想定して予定を立てます。その結果、予定外のことがあってもペースを取り戻せるようにするのです。(※エッセンシャル思考 223ページ 第15章 バッファ)

 

リスクマネジメント戦略を立てる際には主に以下の5つの質問に答えますが、これは個人の日常生活にも取り入れられると説いています。それが以下の通りです。

 

  1. このプロジェクトにはどんなリスクがあるか?
  2. 最悪の場合どんなことになりうるか?
  3. 周囲の人への影響はどのようなものがあるか?
  4. そのリスクは自分(社会)にとってどの程度の経済的負担となるか?
  5. リスクを減らすためにどのような投資を行うべきか?

 

これをオナ禁に当てはめてみましょう、分かりやすくするため【志望校に合格するためにオナ禁する】と仮定します。

 

そして上記の5番目の質問に対する答えが主な対応策となりえます。

 

1→オナ禁が続かず、ついオナニーしてしまう。

2→勉強に集中出来なかったり気が回らなくなってしまい、志望校に落ちる。

3→親を落胆させる(期待されていた場合)。

4→参考書代や予備校に通う費用等、余分な出費が掛かる。

5→エロ禁、夜〇時以降スマホをいじらない、親にスマホを預ける、勉強に集中出来る環境を作る、運動、オナニー以外にストレス発散出来るものを見付けるetc…

 

極端ではありますが、このようなものがリスクマネジメント戦略となります。

 

オナ禁が何の苦もなく続けられるはずはありません。

 

ムラムラは必ず襲ってくると想定し、それが起きた時にどのような対策を講じるかあらかじめ準備しておけば何もしていない人よりもリセットする確率は下がるでしょう。

 

これがオナ禁継続における第4のポイントです。


【小さな成功を積み重ねる】

心理学の研究によると、人間のモチベーションに対してもっとも効果的なのは「前に進んでいる」という感覚です。

 

小さくても前進しているという手ごたえがあれば、未来の成功を信じられ、そのまま進み続けようという力になります。

 

最初から高望みをして途中で挫折したら、何も残りません。

 

少しずつでもいいから結果を出し、地道な成功を積み重ねた方がずっと生産的です。

 

成功は次の成功を生み、やがてしれらは飛躍的な達成へと繋がっていきます。(※エッセンシャル思考 246.247ページ第17章 前進)

 

少し引用が長くなりましたが、とても大切なことです。

 

今までオナニーにふけっていた人がいきなりオナ禁1ヶ月は難易度が高いでしょう、登山未経験者が富士登山に挑むようなものですから(笑)

 

まずは低い山から挑戦していき、少しずつ登っていく山の高さを上げていきます。

 

オナ禁においても同じことがいえます。

 

高い目標を設定するのは悪いことではないと思いますが、恐らく挫折するでしょう。

 

なので最初はたった1日でいいから我慢、それが出来たらまずは自分を褒める

 

そして3日、5日、1週間、10日、2週間、20日、1ヶ月…と積み重ねていけばいいのです

 

ですが性欲というのは中々に手強いです。

 

順調に積み重ねられればいいですが、難しい人は何か策を講じなければなりません。

 

そこでエッセンシャル思考では主に2つの方法を紹介しています。

 

チケット制の導入

子どものスマホやタブレット・パソコン等の電子機器依存に悩んでいたある夫婦がいました。

 

彼らはこの悩みを解決するため週の初めに子供に10枚のチケットを与えました。

 

このチケットを1枚使用すると30分間電子機器を使用することが出来ますが、使わず週終わりまで取っておくと1枚につき50セントと交換出来ます。

 

1週間1枚も使わずに我慢すれば5ドル手に入る計算です。

 

更にボーナスとして30分間読書すればおまけに1枚チケットが手に入ることにしました。

 

これは最初に配られるチケットと同様に電子機器の使用にも使えますし、お金にも交換出来ます。

 

その結果、子どもたちの電子機器使用時間へ減り代わりに読書時間が増えたという訳です。

 

このような仕組みをオナ禁にも取り入れるのです。

 

しかしチケット制だと少し幼稚なので、現代っ子の僕達はアプリを使用します。

 

そこで紹介するのがこのアプリです。

自分ルール:目標達成,目標管理,習慣化アプリ

自分ルール:目標達成,目標管理,習慣化アプリ

Naoki Oguchi無料posted withアプリーチ

 

 

このアプリはオナ禁をしている同士の方が使用しているのを見かけて知ったのですが、まさにチケット制と似たことが出来るなと思いました。

 

自分で目標やするべきことを決めて、それをポイント化します。

 

達成したらポイントを獲得出来、一定のポイントを貯めればご褒美を自分にあげられるといった感じです。

 

詳しくはApp StoreかGoole Playのインストールページに飛べば紹介があるので、これ以上は割愛します。

 

ですがチケット制にはうってつけのアプリだと思うので、気になる方は無料なので一度インストールしてみてください。


進歩を目に見える形にする

アプリの導入とは対照的に、古典的な方法ではありますが『進歩を目に見える形にする』というのも実に有効です。

 

ゴールに近づく様子が目に見えるのは、嬉しいものです。それはいくつになっても変わりません。

 

子どもじみているなどといわずに、日々の進歩に小さな印をつけてみましょう。

 

小さく始めて、日々の小さな進歩を評価する。それを何度も繰り返す。

 

最初から壮大な目標を立てるより、その方がずっと遠くまで行けます。

 

小さな達成を繰り返せば、目標までの道のりは楽しく、満足感に満ちたものとなります。(※エッセンシャル思考 253ページ 第17章 前進)

 

自分の部屋にあるカレンダーや手帳等に印をつけて、進捗状況を視覚化しましょう。

 

オナ禁が出来た日には、リセットしてしまった日には×といった具合です。

 

最初は×の数が多くなるかもしれません、ですが視覚化することで自分の現状と向き合えます

 

【小さな成功を積み重ねる】の項でも書きましたが、1日達成出来たらまずは自分を褒めましょう。

 

たかが1日、されど1日です。

 

何十日、何百日とオナ禁に成功している人達も、この1日の成功をただひたすら繰り返しているに過ぎません。

 

1日の成功を繰り返すだけと聞けば、何となく僕達にも出来そう気がしませんか?笑

 

なので進捗状況を視覚化しましょう、いつかカレンダーがで覆いつくされる日が必ず来るはずです!

 

これがオナ禁継続における第5のポイントです。


【行動を引き起こすトリガーを知り対処する】

あらゆる習慣には『トリガー』『行動』『報酬』の3つの要素があります。

 

トリガーとは、ある行動を自発的に呼び起こすためのきっかけです。
 

次に行動が来ます。これは肉体の動作のほかに、感情や思考も含みます。

 

そして最後に、報酬があります。この習慣を次も繰り返したいと思うような。ご褒美です。

 

この3要素のループが繰り返されることによって、トリガーと報酬はより強く脳に擦り込まれ、行動はより自動的になっていきいます。

 

つまり悪い習慣を変えるためには、行動自体よりも、それを引き起こすトリガーに着目すべきだということになります。

 

トリガーを見付けて、別の有益な行動と結びつけてやればいいのです。(※エッセンシャル思考 261.262ページ 第18章 習慣)

 

とても大切なことなので沢山引用しましたが、これはオナ禁を続けるための1つの答えであると僕は思います。

 

オナニーは僕達が思うに悪しき習慣です、これはオナ禁をしている同士の方であれば共通認識でしょう。

 

AVをはじめとした『エロ』という要素、これが『トリガー』となりオナニーが『行動』、行為の最中の快感が『報酬』の部分と考えればピッタリと当てはまります。

 

エッセンシャル思考にのっとって考えてみると、『オナニー』という行為ではなくその前段階の『エロ』のトリガーに目を向けましょうということになります。

 

普通であればエロ』→『オナニーという流れになりますが、これを

 

    『エロ』→『○○(例えば筋トレ)というように有益な別な行動と結び付けてやります。

 

「エッチなものを見たらアソコを握るのではなくダンベルを握れ!」というわけです(笑)

 

条件反射のパブロフの犬ではありませんが、エロを目にしてしまったら「オナニーをしよう」と考えるよりも先に「筋トレをして体を鍛えよう」と反射的に思えるようになれば、理論的にはオナニーという悪習慣を断ち切れるかもしれません。

 

これがオナ禁継続における第6のポイントです。


【最後に】

今回はエッセンシャル思考の内容の中でオナ禁に役立てられそうな個所をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ポイントをもう1度羅列すると…

 

  • 自らの意志でオナ禁するという選択をする。
  • トレードオフから目を背けない。
  • 何かを止めようとした時には心理的バイアスが働くことを知っておく。
  • ムラムラの襲来は必ず来ると想定し、リスクマネジメント戦略を立てる。
  • 進捗状況を視覚化し小さな成功を積み重ねる
  • 『行動』ではなくトリガーに着目し、有益な行動と結びつける。

 

このようになります。

 

こうして見てみるとなんら難しいものはありません、当たり前のことばかりかもしれません。

 

ですがオナ禁をし性欲と戦っていると、どうしてもそのことを忘れがちになってしまいます。

 

エッセンシャル思考ではこのような大切なことが多く書かれていたので、同士の皆さんにもシェアしたいと思い今回の記事を書きました。

 

またこれだけではなくエッセンシャル思考はオナ禁だけではなく普段の仕事や何か成し遂げたいこと等がある時にも役に立ってくれるだろう情報が多く掲載されています。

 

良書なので、気になる方は1度ご覧になってみてください。

 

by カエレバ

 

 

僕もまだまだオナ禁を完璧には体得していないヒヨッコなので、皆さんと一緒に頑張りたいと思います。

 

結構長くなりましたが今回はこれでおしまいにしようと思います、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

-ライフハック, 男磨き

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無料でできる男磨き、『ベロ回し体操』のススメ

こんにちは、ぬーです。   今日は久しぶりにファッション以外で男を磨く方法の話。 突然ですが皆さん、『ベロ回し体操』という言葉を聞いたことはありますか? スポンサーリンク   僕は …

続きを読む

スト値を上げるためメンズリゼでヒゲ脱毛してきた(第4回)

  こんにちは、ぬーです。   ヒゲ脱毛に関する記事はカウンセリングの記事も合わせると今回で4回目となります。   施術自体は3回目が終了したところなのですが、1回目2回 …

続きを読む

男のDIY~帽子ラックを作ってみた~

こんにちは、ぬーです。 実は少し前から画策していたことが…。 それがそう、タイトルにもある通り「帽子ラックを作ってみたい」ということです。   現状帽子を収納するスペースがなく適当にかけてい …

続きを読む

彼女ができたのでそれまでしてきた男磨きをまとめてみた

    こんにちは、ぬーです。   以前の記事やTwitterでも書いたのですが、つい先日僕にも彼女ができてしまいました。   正直まだそこまで実感はないのです …

続きを読む

スト値を上げるべくメンズリゼでヒゲ脱毛のカウンセリングを受けてきた

こんにちは、ぬーです。   今回はヒゲに関するお話。   実は以前から僕は、ヒゲ脱毛に興味がありました。   ヒゲが似合わないにも関わらず、1~2日ヒゲを剃らないだけでか …

続きを読む

ひと手間で簡単オシャレ!~マフラーの巻き方講座~ 

こんにちは、ぬーです。   最近は朝晩の気温もグッと下がり、すっかり秋の装いですね。マフラーを巻いている人もちらほらと見かけるようになりました。   ところでマフラーといえば皆さん …

続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。