スト値を上げるためメンズリゼ新潟でヒゲ脱毛してきた(第3回)

ケア


こんにちは、ぬーです。

 

随分と久しぶりの投稿となります、前回の更新が7月の初めだったので約2ヶ月振りとなります。

 

メインの活動場所がTwitterなのでそちらの方では細々と活動していました。

 

今回は前回のヒゲ脱毛についての記事の続編となります。

 

自分の記録用としての投稿でもありますが、ヒゲ脱毛に興味のある方も時間があればご覧いただけるとヒゲ脱毛について少しはイメージがつかめると思います。

 

それでは行きましょう。

 

スポンサーリンク

【前回と今回の施術前の比較】

まずは前回、つまり初めてヒゲ脱毛をする前に撮影したヒゲの状態と今回施術を受ける前に撮影したヒゲの状態を見比べてみます。

 

まずこちらが前回のものです。

 

そしてコチラが2回目の施術を受ける前の状態です。

 

 

 

パッと見はあまり変化は見られません、むしろあまり深剃りしていない分今回の方が若干濃く量も多く見えます(笑)

 

【2回目の施術後】

施術の流れについては前回の記事で書いているのでここでは割愛して、施術後の写真に移りたいと思います。

 

(前回の記事はコチラから見ることが出来ます)

 

これが施術後撮影したものです。

 

 

やはり施術後は目に見えるほど少なくなるのが分かります、まだわずかに残っているヒゲたちも1週間ほどするとポロポロと簡単に取れていきます。

 

そして次の施術までに新たなヒゲが生え揃えるのを待ち、2ヶ月程時間を置きます。

 

【ヒゲ脱毛で人(生)は変わる!】

今回僕がこの記事で一番言いたかったのがこれです。

 

ヒゲ脱毛をするとそれまでコンプレックスだった濃いヒゲとおさらばでき、自分に自信が付いて明るくなる…。

 

確かにコンプレックスが解消されれば人生は今まで以上に豊かになるかもしれません、大金を払う訳ですからこれくらいのリターンがあってもいいはずですよね。

 

ですがなぜ僕は人(生)と生という字に()を付けたのでしょう?

 

それは人生が変わるだけではなく、読んで字の如く人が変わるからです。

 

しかもただ変わるのではなく豹変です。

 

前回の記事でヒゲ脱毛する際の痛みは、

 

注射の1.5~2倍、もしくは強めの静電気を連続で食らうくらいだと書きました。

 

ですが今回2度目の照射をして『そんな生ぬるいもんじゃないな』と思いました笑

 

どういう表現がしっくりくるかと考えていたのですが、思い付いたのがそう、先程の”人が変わる”という表現です。

 

実際に僕は豹変しました笑

 

僕は普段からあまり怒りの感情が湧きません、怒ったりすることも少ないです。

 

ですがヒゲ脱毛で豹変してしまいました…。

 

いつもの僕であれば痛みに耐えるため照射を行ってくれるナースさんが、

 

痛いですよね~、でももう少しで終わるから頑張りましょうね~♡と甘ったるい声で励ましてくれる妄想をしながら必死に我慢します笑

 

ですがそんな妄想をやすやすと吹き飛ばすほどヒゲ脱毛は痛いです。

 

もう少し詳しくいうと普段全然怒らない僕が

 

さっきから痛ってぇんだよこのクソアマァ!!!ブッ〇すぞ!!!!!!

※実際には口に出してません、ナースさんごめんなさい!

 

と、心の中で罵詈雑言を浴びせなければとてもじゃないけれど耐えられないくらいの痛さです。

 

まさかここまで口が悪くなるとは思いませんでしたが、これくらいが僕的には丁度いい表現だと思います笑

 

最後に

今回は2回目の照射後の変化について記述しましたがいかがでしたでしょうか?

 

2回目、3回目と回数を重ねていく内に少しずつヒゲが少なくなることを夢見て次回も痛みに耐えてみせます。

 

これからヒゲ脱毛を考えている方も、人が豹変するくらいの痛みだということをあらかじめ知っておけば少しは心の準備が出来ると思うので少しでも参考になれば幸いです笑

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメント