【メンズコーデ】おじパンに合う着こなしを考える

その他




こんにちは、ぬーです。

 

今日はおじパンについてのお話。僕の愛読書であるFINEBOYSを読んでいたら、今シーズンはオヤジが着てそうなアイテム=オジ素材・オジアイテムがトレンドになりつつあるそうです。

 

今では定番になりつつある開襟シャツ、実はこれも一昔前まではオヤジっぽい印象だったそうです。ですが流行は巡りに巡るもので今では若者のトレンドアイテムになっています。

 

今回はそんなおじアイテムの中で親父が着てそうなパンツ、おじパンツを使った着回しを考えてみようと思います。おじパンと略していいか分かりませんが(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【今回使用するおじパン】

今回使用するのはコチラ。

僕が大学生の頃に古着屋で確か2,000円したかしないかぐらいで購入したものです。スラックス的な感じがしますが、焦げ茶色で見事におじパンです(笑)

 

何気に寒いこの季節にはよく着ている、冬のスタメンパンツ君です。

f:id:otokomigakikun:20171208142811j:plain

 

【おじパン(茶)をはくメリット】

落ち着いたカラーで汎用性がある

このおじパンはシックな色合いなので様々なコーデに組みことができます。

詳しくは後の着回しサンプルで紹介しますが、着回し力は結構あります。

 

大人っぽくなる

おじパンなので当たり前といえば当たり前ですが、おじパンをはくだけで大人っぽさを演出できます。

ただ他のアイテムもオヤジっぽいものでまとめてしまうと、もはやそれはただのオヤジになり全然オシャレではないので気を付けましょう(笑)

 

 

【おじパンの着回しサンプル】

おじパン×(レザージャケット+白ニット)

f:id:otokomigakikun:20171208142837j:plain

f:id:otokomigakikun:20171208142853j:plain

おじパンは意外とレザージャケットとの相性がいいですですがこの2つのアイテムだとどうしても男臭くなってしまいます。そういうのが好きな人はそれでもいいかもしれませんが、僕はもう少し可愛らしさが欲しいので、インナーに女子ウケの定番白ニットを着用してみました

 

ちなみにレザージャケットは今現在持っていないので、レザージャケットもどきで代用しました。レザージャケットもどきが分からない人はコチラでお話しているので、よろしけれればご覧ください(笑)

SHOPLISTで購入したレザージャケットが届いた – ぬーの男磨きのススメ

 

おじパン×(ボルドーカットソー+ダウンベスト)

f:id:otokomigakikun:20171208142916j:plain

f:id:otokomigakikun:20171208142934j:plain

おじパンの色味に寄せてカットソーをボルドーに、ダウンジャケットはグレーにして全体を落ち着いたトーンにしました。

 

さりげなくパンツとダウンジャケットの素材合わせ、オヤジ臭くなり過ぎないようにダウンジャケットの裏地をレオパード柄にしたのがポイントです

 

ちなみにボルドーカットソーはこの時に購入したものなので、気になる方はコチラをご覧ください。

今日の購入品【秋物、ボルドーなど】 – ぬーの男磨きのススメ

 

おじパン×(Gジャン+グレーカーデ+ストライプシャツ)

f:id:otokomigakikun:20171208142954j:plain

f:id:otokomigakikun:20171208143012j:plain

上2つのコーデが少し大人っぽいコーデだったので、3つ目はインディゴカラーのGジャンを取り入れて少し若者っぽいコーデにしてみました(笑)

 

3段レイヤードですが、全身の色味がちぐはぐにならないようにカーディガンとシャツの色をグレーで統一しました。

 

このコーデで着用しているグレーカーデはこの時に購入したものなので、気になる方はコチラをご覧ください。

今日の購入品【カーディガン・パーカーetc…】 – ぬーの男磨きのススメ

 

【最後に】

今日はおじパンに合う着こなしを考えてみましたが、いかがでしたでしょうか?

基本的におじパンはそもそもオジサンがはいているようなパンツなので基本それをはくだけで上品になります。なので大人っぽいコーデをする際には結構重宝します。

 

しかし大事なのはやはりガチなオジサンコーデになり過ぎないこと。

僕が今回紹介した着回し例も極力そうならないように気を付けましたが、おじパンをはくメリットのところでもお話した通り、一歩間違えればおブスファッション一直線です。なので僕と一緒に色々と研究していきましょう!

 

皆さんのコーデの参考に少しでもなれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 

コメント